薄毛対策に見る消費者の本音

  • 薄毛だと気づいても約30%の人は1年以内に対策を始めていないという興味深いリサーチ結果がリサーチリサーチという調査会社からでた。

 

  • すぐに対策をしなかった理由は
  • 「費用の懸念」「薄毛だと認めたくない」がTOP2

   

  • すぐに対策をしなかった理由は
  • 「費用の懸念」「薄毛だと認めたくない」がTOP2
  • 薄毛だと認識した人がまず取り組んだ対策は「シャンプーを変える」だった
  • 薄毛対策としてシャンプーにかけられる金額は1,500円以上

 

なるほどと思う、ヒトの心

すぐに対策をしなかった理由みてなるほどと思った。

 

一番に来るのがやはり認めたくないということだろう。

人は悪く見える部分にはふたをしたいもの

自分ではまだ大丈夫だと心に言い聞かせて薄

正面から向き合うとあれこれと自分にとって面倒なことを考えざるおえなくなる。

 

わずらわしく考えないでいいようにするために目をそらす。

 

まあ自分の病気についても同じことが言える

正面から向き合うとあれこれと自分にとって面倒なことを考えざるおえなくなる。

 

 

時間がたつにつれ鏡で見る自分の姿を見るに

つけどうにかしたいとの思いがふつふつと…湧き上がる

 

対策はどうしたらいいのか?どれくらいお金がかかるのだろう?

そしてネットで色々と探し始める…

 

まずはお金のかからないシャンプーを変えてみよう!

育毛剤や発毛剤などは値段が高い、まだまだ自分の状態はそれを使うまでにはなっていないと言い聞かせる。

 

そしたらシャンプーを変えれば改善できそうだと シャンプーのメーカーが提案していることに注目する。

 

そしてシャンプー剤の値段はというと

今使っているものとの比較をして少しよさそうな効果が期待できそうなものを選ぶ その値段が1500円以上の価格である。

 

それでも発毛剤や育毛剤などと比べても格段に安い。

これで改善できれば安いものと決め込みちょっと一安心 といった心の動きが垣間見える。

ところがシャンプーだけで大丈夫かなと不安になる。

 

シャンプーだけで頭皮の改善は難しい。

あくまでもシャンプーは汚れを落とすもの

頭皮にシャンプーが残っていては頭皮にとってはよくない。大事なのはすすぎです。

 

従ってシャンプー剤だけで改善は無理があるようだ。

 と気づく。

 

私は経験上何人かの人にシャンプーの仕方を指導して育毛剤との併用で改善した人を見ている。

 

しかし、そんな人は多くはない。

 

 

シャンプーでは改善できないかもという不安を抱えながら先ほどの消費心理の繰り返しでその先に踏み込めない人も多くいるのであろう。

 

早くケアすればするほど改善できる可能性の確立は高まるが人はなかなか客観的に自分を見れないものである。

 

そしてようやく育毛剤などに目を向けていく。


次回は我々が推奨しているヘアケア スカルプケアの仕方をここに紹介しよう!